トップ > 伏見の家づくり物語 > 光溢れる空間で家族が木の温もりに包まれて暮らす家

伏見の家づくり物語

光溢れる空間で家族が木の温もりに包まれて暮らす家






※クリックで拡大します。
外観は焼杉板と2色の漆喰をあしらった美しい佇まい。
室内に一歩入ると「木」のいい香り。そして職人が創り出す「粋」な空間に包まれます。
床は薄いピンク色が特徴の西南桜を使用することでお部屋全体が柔らかいソフトなイメージに。
オリジナルの造作棚やキッチンカウンターなども満州松や杉を使い丁寧に仕上げた大工の手仕事。
<<焼杉と土壁風の表情豊かな家 光溢れる空間で家族が木の温もりに包まれて暮らす家 趣味を楽しむ家>>
社長のひとこと
職人の技
お問い合わせ・資料請求
古民家再生物語