トップ > 伏見の家づくり物語 > 焼杉と土壁風の表情豊かな家

伏見の家づくり物語

焼杉と土壁風の表情豊かな家






※クリックで拡大します。
外観は焼杉板や土壁風で、二通りの表情。床にはカバ桜を使用し、 壁には美しい漆喰。
そして、柱は地元「美作の檜」。 オリジナルの造作家具や収納・食器棚なども全て大工の手仕事。
松・杉・檜・カバ桜…など沢山の無垢材を職人が丁寧に仕上げた。
漆喰や焼杉板などの自然素材、無垢の木材を使い、 伝統的な技を持つ職人が創り上げました。
社長のひとこと
職人の技
お問い合わせ・資料請求
古民家再生物語