トップ > 伏見の家づくり物語 > 通り土間のある平屋の家

伏見の家づくり物語

通り土間のある平屋の家





※クリックで拡大します。
玄関から土間、そしてキッチンへとつながりのある動線。ひのきの一枚板を玄関の踏み板に使用した本物の「木の家」。
リビングの中央には畳を敷き、ゆっくりと腰を下ろせるくつろぎのある空間。
「お施主様のつながりある空間にしたい」という想いからリビングを中心に全ての部屋をつなげ平屋というカタチで実現。
子ども達がのびのびと走りまわれる家づくりになりました。
漆喰と数種類の木をふんだんに使った、温もりと優しさが詰まった家。
<<堀りごたつのある暮らし 通り土間のある平屋の家 五感で感じる家>>
社長のひとこと
職人の技
お問い合わせ・資料請求
古民家再生物語