トップ > 伏見の家づくり物語 > 「掘りごたつ」のある暮らし

伏見の家づくり物語

「掘りごたつ」のある暮らし





※クリックで拡大します。
焼き杉板と漆喰が美しい外観。太陽光発電約6kw搭載で自然エネルギーを取り入れた暮らしは、木の豊かな香りや温もりを 感じながら開放的な空間を創り出します。床は薄いピンク色が特徴の西南桜を使用し、無塗装で素足が気持ちいい木本来の 温もりを感じられます。お施主様の想いと職人の丁寧な手仕事が感じられる一邸。
栗の木や杉・地松・ヒノキ・・・など数種類の天然木を使ったお家。
社長のひとこと
職人の技
お問い合わせ・資料請求
古民家再生物語